FANDOM


ニーナ・マイヤーズNina Myers)はサラ・クラークがドラマ「24 -TWENTY FOUR-」で演じる人物である。

CTU在籍時には、将来の上級スタッフ候補として有望視されており、その能力は高く評価されていた。しかし、ジャックと関係を持ち、職場に恋愛感情を持ち込むことが多かったことから、上司からは「将来を棒に振った」と非難されていた。ジャックと別れた後は、部下であるアルメイダ捜査官と親密な仲となる。

履歴 編集

生年月日1975年5月5日(但し、偽造パスポートに記述していたため偽証している可能性がある。) 年齢33歳(死亡)

CTUロサンゼルス支局で働いていたダブルエージェント(いわゆる二重スパイ)で、テロリストなど複数の買い手にCTUから手に入る機密情報を売っていた。その経緯や動機などには不明な点が多い。英語だけでなく、セルビア語、ドイツ語、アラビア語などに通じたマルチリンガルである。
シーズン1以前
一時期、妻のテリー・バウアーと別居していた間のジャックと恋仲だった過去がある。ジャックがテリーの元に戻った後の時点(すなわちシーズン1時)では、分析官のトニー・アルメイダと付き合っていた。
シーズン1
CTUロサンゼルス支局のアシスタント・チーフとして登場。有能なジャック・バウアーの腹心として、独断専行するジャックを陰ながら命がけでサポートし続けるかに見えたが、最後にはテロリストに内通していたことが発覚。ドイツへの逃亡を画策中の姿を、ジャックの妻テリーに目撃される。ジャックとよりを戻したうえ妊娠したテリーの気に障る言動に対し、女としての嫉妬心から殺害。ジャックにより逮捕され、国家反逆罪に問われ服役の身となる。
シーズン2
核爆弾テログループによるCTU爆破事件が、ニーナが過去に売ったCTUの建築情報をもとになされたことが判明。ニーナは大統領の恩赦を条件として情報提供に応じ、サイエド・アリの居場所を教える。後に恩赦は実行され、外国への渡航制限を条件に北アフリカに追放された(シーズン3において判明)。また、シーズン2のDVDの未公開映像には黒幕であるマックスと関わっているシーンがある。
シーズン3
生物兵器の買い手のエージェントとしてメキシコに現れ、ジャックの潜入捜査を妨害する。その後、CTUに拘束され尋問を受けるが、自殺を図り治療中に逃走しようとしたところキムに見つかり彼女を殺害しようとしたが、ジャックに阻止され射殺される。

学歴 編集

  • ハーバード大学中東研究・歴史学専攻で文学士号取得
  • ニューヨーク市立大学ジョン・ジェイ・法科カレッジ 文学部、犯罪心理学部で修士号取得
  • タフト大学フレッチャー国際関係学科 法学、外交学で修士号取得

出版論文 編集

  • 防衛情報センター 『テロリズム根絶における情報収集の役割』
  • カト・ポリシーリポート 『悪漢政治主義とナショナルセキュリティー』
  • ブルーキングインステチュート 『首都とグローバルな脅威』

職歴 編集

  • CTUロサンゼルス支局 アシスタントチーフ(シーズンI)
  • 国務省情報調査局・長官特別補佐
  • RAND リサーチ・アナリスト
  • 国連安全保障理事会 政策・方針アナリスト

CTUでのミッション 編集

  • プロテウス作戦地域リーダー(2000年)
No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。